HOME>トピックス>【衣装を一から作りたい】まずは布地選びから

目次

いろいろ違いがある

最近は自分で作る洋服の作り方の本がいろいろ出版されているので、洋服作りはいつでも始めることができます。まずは布地選びですが、布には綿や麻、ウールなど用途によって使い分けることもできます。それぞれに感触が異なるなどその特色は様々で、それが実際に洋服になったときのイメージはどうかなどと考えることはとても楽しい作業となるでしょう。最近は布地専門のオンラインショップもあって、手に取ることができなくてもいろいろな布地をそれぞれの解説と一緒に確かめたりして購入することができます。布地によってスカートにいいなど情報もわかるので通販が便利でしょう。

手にしなくても購入できる

布地を選ぶには手芸店などに行って実際に見ることで作りたい洋服のイメージもふくらむかもしれませんが、最近は通販の利用も増えています。布地専門のオンラインショップも多く、手に取ることはできなくてもそれぞれの布地の詳細やどんな洋服向けかなどもわかります。それらを参考にすれば実際に手に取るのと同様に洋服の出来上がりも楽しみになるでしょう。通販ショップで購入できる布地はたくさんあって色、柄が豊富なだけではなく、それに合う色の糸も一緒に買うことができます。

作りたいものを考える

洋服を作るのに布地は何を使うかなどの決まりごとはありませんが、それぞれに向き不向きはあるのでその情報は把握しておくほうがいいかもしれません。どんな布地を買うかはまず何を作りかで決まります。初心者なら作れるものもある程度限られていて直線縫いのスカートが無難だといわれていますが、それなら木綿が適当でしょう。木綿は縫いやすいという点でも初心者向けですし、もし失敗してしまっても小物作りなどにも使えます。

ずっと変わらない

自分でする洋服作りの基本は、作りたいアイテムに合った布地を選ぶことということを常に理解しておくことです。このことは洋服作りを続ける限り、初心者の域を過ぎても変わることはないでしょう。

広告募集中